バイクを起こさなきゃ!

タイヤ交換の時に、バッテリーが弱ってるんですよね、
とバイク屋に相談したら、まだ大丈夫でしょうとか言ってたのに・・・
見事に上がりました。

20181224-dsc06644-0800.jpg
交換するバッテリーも届いたので、寝ているバイクを起こしてあげる事にします。

20181224-dsc06639-0800.jpg
簡単なバッテリー交換ですが、先ずはマニュアル確認から。
注意項目を見ると、必ずマイナスから外せと・・・
プラス側を先に外すと、短絡させる恐れがあるからかな~
はい!指示に従います。

20181224-dsc06645-0800.jpg
よし、サイドカバーを外すぞ!

20181224-dsc06648-0800.jpg
あれ!無い、あ! お決まりですね。
逆を開けました。
開けたついでに、エアーフィルタを点検しました。

20181224-dsc06650-0800.jpg
気を取り直して、こちら側を・・・・

20181224-dsc06653-0800.jpg
発見! と言う程の事では無いのですが、
有るべき物が、ここにありました。

20181224-dsc06658-0800.jpg
マニュアル通りに、マイナスから外しました。

20181224-dsc06660-0800.jpg
全く同じ物です。
しかし、この大きさで重いですね。
2Kg程あります。
最近流行の、リチュームイオン系バッテリーは、1/4 の重さとか。
オフロード系のバイクでは、軽さも大切なのですが、水に触れると
発火する恐れのある、リチュームイオン系は如何なものでしょう。
ハイブリットの車が事故後に発火と言う話しも昔はありました。

20181224-dsc06663-0800.jpg
取り外しとは逆に、プラス側から接続して、次にマイナス。
無事に装着完了しエンジンも一発始動、一安心です。

20181224-dsc06668-0800.jpg

20181224-dsc06667-0800.jpg
ついでに、交換したばかりのタイヤ。
これで、バイクも年を越せそうです。


2018年12月24日:乗り物papas

Comments

コメント (0)

Add coments