冬の釣り

釣りを趣味にしない人には、変わり者としか思えない過酷な冬の釣り。
二回連続、天候悪化で大変でした。
天候悪化は、想定していたのですが、上がった磯が、満潮時に大波が入り込む場所で、釣りが出来たのは、干潮の前後二時間くらい。
満潮時には、命の危険を感じる程の大波が襲ってきました。
釣り好きで夜通し釣っている同僚も、この日ばかりは避難してました。
気温も最低4度、風があったので体感はマイナスですね。
翌朝の回収も早まって、帰りの高速艇は欠航。
上五島鯛ノ浦から、タクシーで奈良尾港まで移動。
フェリーで何とか帰ってきました。
それでも、ソコソコ釣果はありました。

20190202-dsc06749-0800.jpg
本命の「メジナ」は、40センチ弱を筆頭に、8枚。

20190202-dsc06747-0800.jpg
そして、暇つぶしに投げた「メタルジグ」に食い付いてきたのが、「イサキ」です。
本来夏の魚って感じなのですが、沖にはいるんですね。
こちらも40センチ弱を5枚程ゲットしました。
時期を外すと味が落ちる魚なのですが、何故か美味しい。
水温の問題でしょうか。

20190202-dsc06756-0800.jpg
そして、出会い頭の1匹。
70センチ弱のヒラメです。
これも、ルアーに食い付いてきたのですが、この大きさは初めて釣りました。
五枚下ろしも久し振り。
まな板に乗らないので、シンクで捌きました。

20190202-dsc06758-0800.jpg
イヤー、美味しいですね。
ただ気付いたのですが、ヒラメって刺身以外でなかなかに食べにくい魚です。
ソテーや、フライにするもの勿体ないし。

こんなに、酷い状況で、帰ってホッとしてるのに、来月も釣りの予定を入れようとしているところが・・・・
癖になる趣味なんですよね。


2019年02月02日:釣りpapas

Comments

コメント (0)

Add coments