«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 17 | 18 | 19 || Next»

写真ビューアを購入

かなり昔に購入して愛用している写真ビュワー「ACDSee」の最新版を購入しました。

ACDSee9

Windows標準ビューワーでも見ることができますが、表示速度とちょっとした編集機能があるので、昔から愛用してます。
前回購入は、Version6 でしたが、今回のは、Version9 になり、久しぶりの買い換えです。
表示速度も改善され、今時のVista対応、昨年末に購入した「Paint Shop Pro」と併せて、写真補正に利用してます。
そうそう、Paint Shop も前に購入したのが、Version8 今回購入がVersion11とこちらも久しぶりの買い換え。

PaintShop

こちらは、グッと重くなってました。
ADOBE 系のツールはお高いので、なかなか手が出ませんし、操作も複雑・・・・個人的にはそこまでいらない・・・・でこんな組み合わせです。

次なるブログネタで、写真補正方法でも考えてみましょう。

2007年06月14日:写真撮影コメント(2)papas

腹痛で大変だった一日

昼食で食べて激辛ラーメンがいけなかった、2時間後に腹痛が・・・・
丁度運転中に腹痛が襲ってきたため、脂汗を流しながら急いで自宅に・・・・こんな時に限ってなかなか車が進みません。
なんとか帰宅して、胃腸薬を飲んで、寝ていたら7時過ぎに気分が良くなりました。
辛い物が好きなのですが、そろそろ控えろと言うことでしょうか?
気分転換に外にでると、綺麗なお月様が見えました。
久しぶりに空気も澄んでいて、もう少し早く外に出ていたら綺麗な夕焼けを見ることができたかもしれません。

夕暮れ時のお月様と金星
三日月なので、光量も少なめ、今日は星空も綺麗に撮影出来そうです。

2007年05月19日:写真撮影コメント(0)papas

恐怖の大きさ・・・・

いつも使っているカメラが製造中止になり、それに伴いオプション機材も手に入らなくなる可能性があるため、思い切って「テレコンバーションレンズ」を購入しました。
今使っている SONY R1 は、24mm~135mmと日常的に利用する範囲を十分カバーするのですが、月の撮影とか、鳥とか、近くに寄れない被写体の場合、望遠が少々不満でした。
そこで、装着すると200mm相当、光学だと・・・7倍~8倍にできる後付レンズを買ったのですが・・・・・・

これがまた! デカイ! なんじゃこりゃ!

装着前の状態(ノーマル)
これが通常の状態です。

装着後の状態・・・でか!
何だこの物々しさは・・・・

これでたったの200mmかよ! このでかさなら、400mmは欲しいところです。
テレコンバーションレンズを付けたまま、65cmまで接写できるのには、驚きました。
最近のカメラは、2cmとか、とてつもなく接写できますが、このカメラは、せいぜい35cmです。
最大望遠時に40cmまでよれますので、ほとんど不自由しません。

で、どの程度写るかと言うと。
ノーマル最大望遠135mm
これがノーマル撮影(テレ端)

コンバーションレンズ装着最大望遠200mm
こんな感じになりました。(テレ端+コンバーションレンズ)

うーーん! 微妙だ!
本来近くを撮影するレンズじゃありませんから、天気の良い日に星空でも撮影してみましょう。

2007年02月22日:写真撮影コメント(2)papas

露出優先の使い方

花火撮影、夜景撮影、夕焼け撮影に続く第4弾・・・・露出優先の使い方。

前にも書いたような気がするなーーー、いよいよネタ切れだ。

土曜日に撮影した、折り鶴ランの写真で、露出によって写りが違う写真がありましたので、ご紹介します。
まず、一枚目!
絞り優先-F16
★絞り-F16 シャッター速度-0.625sec

二枚目!
絞り優先-F4.8
★絞り F4.8 シャッター速度 0.077sec

二つを見比べると、一枚目より、二枚目のほうが、ボケがハッキリでていると思います。
左後ろに写っているのは、月下美人の葉っぱなのですが、二枚目の方がぼけているのがハッキリわかります。
この写真は、両方ともマニュアルフォーカスで全く同じ焦点で撮影してますが、これだけの違いが出てしまいます。

これも好みの問題ですね。 ボケ味を好む人は、2枚目が良いと言うでしょうし、花全体を綺麗に撮りたい人にとっては、1枚目の方が良いと言うことになります。

そうそう、それと、カメラには、露出優先モードで撮る方が優しいかもしれません。
シャッターは、写す瞬間のタイミングで機械が動作しますが、露出は、絞り機構が被写体の明るさにより頻繁に動作しているはずです。
機械的稼働が多いと思われる、露出を固定して、シャッター速度を変化させるほうが、機械的に負担が少ないような・・・・・・・気のせい!?

2007年02月20日:写真撮影コメント(3)papas

画像情報

撮影した写真(ディジタルカメラのデータ)のプロパティを見ると、結構いろんな情報が保存されている。
Explorer で表示されるのはその一部で、ツールで見ると以下のような情報まで・・・・

撮った時の情報がわかるって便利ですね。
良さそうな画がどんな条件で撮れたのか再確認する事ができます。

---------------------------------------------
カメラ情報
画像入力機器のメーカー名  SONY
画像入力機器のモデル名   DSC-R1
画像方向             左上
画像の幅の解像度       72
画像の高さの解像度      72
画像の幅と高さの解像度の単位 インチ
日付/時間            2007/02/17 14:41:58
YCC の画素構成 (Y と C の位置) 共同サイト
---------------------------------------------
画像情報
画像の説明
作者名
撮影著作権者/編集著作権者
シャッタースピード 0.625 s
F ナンバー f/16
露出プログラム 手動
ISO スピード レート 160
原画像データの生成日時 2007/02/17 14:41:58
デジタルデータの作成日時 2007/02/17 14:41:58
各コンポーネントの意味 Y
画像圧縮モード 8
露出補正値 0.000000
レンズ最小 F 値 2.937500
測光方式 スポット測光
光源 不明
フラッシュ フラッシュが発光しませんでした [オフ]
レンズ焦点距離 71.5 mm
ユーザーコメント
色空間情報 sRGB
実効画像幅 3888
実効画像高さ 2592
シーン タイプ 写真の画像
カスタム演出 標準処理
露出モード 手動露出
ホワイトバランス 自動ホワイトバランス
シーンキャプチャータイプ 標準
コントラスト 標準
彩度 標準
シャープネス 標準
---------------------------------------------

JPEG画像データの先頭にヘッダーがあり、その後、約1KByteの部分に保存されているみたいです。
久しぶりのダンプリスト
★反転部分から情報が保存されています。
久しぶりにダンプリストを見たような気がします。

2007年02月18日:写真撮影コメント(0)papas

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 17 | 18 | 19 || Next»