«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 24 | 25 | 26 || Next»

カニパーティー

今日は、カニパーティーです。
何故カニかと言えば、誕生日のお祝いだから。
お取り寄せして頂きました。

20180129-dsc03918-0800.jpg
これは、美味しそうです。

20180129-dsc03936-0800.jpg
お祝いと言えば、お酒。
今日は少し多めの 900ml、朝絞りです。
何時ももう少し足りない感じで2本目に突入、最後は飲み過ぎて・・・
丁度良い量です。

20180129-dsc03942-0800.jpg
こちらは、香箱ガニ、島根、鳥取方面では、親ガニと呼ばれています。
メスのズワイガニで、雄に比べ小振りですが、味は濃厚。
濃厚な味わいを楽しむ為に、蒸して頂く事にしました。

20180129-dsc03943-0800.jpg
「うちこ」の上に「そごこ」を乗せて、その上に「むき身」が乗ってます。
これは、美味しい。
お酒が進みますね。

20180129-dsc03946-0800.jpg
カニ鍋スタート。

20180129-dsc03952-0800.jpg

20180129-dsc03954-0800.jpg
ほぐして、パクり。
ポン酢も用意しましたが、カニ出汁で十分美味しいです。
と言うか、ポン酢を入れると、邪魔しそうな感じ、そのまま頂くのが一番でした。

20180129-dsc03961-0800.jpg
残った出汁に、親ガニの甲羅を投入、更に煮詰めて、最後はこれ!

20180129-dsc03967-0800.jpg
カニ雑炊の完成です。
久し振りにカニ尽くし、大変美味しく頂きました。

今年は、年明けから、肉や、魚貝、食レポみたいなブログになってます。
2~3キロ、増量したかもしれません。
そう言えば、牡蠣焼きに行ってないな。

2018年01月27日:食べ物コメント(0)papas

今日はイタリアン

イタリアンのお店で、ご馳走になりました。
先ずは、お料理ができるまでに、お酒とサラダを・・・

20180120-dsc03867-0800.jpg
最初は、オーナーお勧めの一本。

20180120-dsc03870-0800.jpg
チーズのサラダを頂きながら、ゆっきり待つ事にしましょう。

20180120-dsc03872-0800.jpg
そして、こちらがメイン。
760グラムの「ティーボーンステーキ」。
骨の片側にはサーロイン、もう一方にはテンダーロインが付いてます。
小さい方が「サーロイン」です。

20180120-dsc03875-0800.jpg
焼き上がる前にもう一品。
竹崎の牡蠣です。
小長井の牡蠣は、小粒が多く、こんなに大きいのは少ないみたい。
オーナーの選りすぐりだそうです。

20180120-dsc03878-0800.jpg
ペロッと頂いて、この残ったスープにパンを浸して食べると旨い。

20180120-dsc03884-0800.jpg
そして、出てきましたメインです。
もう少し色を出したかったのですが、ここの照明が白熱球、オマケに電球色。

20180120-dsc03884-org-0800.jpg
普通に撮影すると、こんな色になってしまいます。
雰囲気は良いんですが、写真を撮影するには照明が不向きです。
色温度を調整してます。

20180120-dsc03888-0800.jpg
一本で済ませるはずが、ついついもう一本。
トスカーナ地方のカベルネ100%です。
若いワインですが、とても美味しく頂きました。
ヤッパリ、ワインはお店で頂くのが確実です。
自分で買って、美味しいと思ったことが少なくて・・・

今年に入って、リッチな食事に度々遭遇。
贅沢過ぎて、怖いくらいです。

2018年01月20日:食べ物コメント(0)papas

閉店

今日は「きっちんせいじ」の閉店日です。
お昼に、トルコライスを食べに行こうと思ったのですが、テレビニュースを見ると長蛇の行列。
少し時間をおいて行こうと思ったら、食材品切れにで既に閉店してました。

20180102-dsc05614-0800.jpg
17時からの閉店セレモニー。
51周年で惜しまれつつ閉店、お店を切り盛りしていたご夫婦、体力的に限界で閉店するより、余裕がある今年に閉店を決めたと事。

20180102-dsc05629-0800.jpg
閉店セレモニーで多くの方が閉店を惜しんで集まってました。

20180102-dsc05669-0800.jpg
最後の乾杯、長年の労をねぎらって乾杯。

20180102-dsc05624_stitch_0800.jpg
喫茶店ですからね、漫画本を読みながら食事と珈琲。
ノンビリ時間を過ごした記憶が懐かしく甦りました。

長年ありがとうございました。

2017年12月30日:食べ物コメント(0)papas

コーレーグスその後

豊作の島唐辛子を使った「コーレーグス」をご紹介しました。

20171030-dsc05258-0800.jpg
30度の泡盛「久米仙」につけ込んだ直後は、こんな感じでしたが・・・

20171208-dsc05508-0800.jpg
唐辛子の色が、泡盛に移って良い色になってます。
辛さも良い感じで、思ったより万能調味料です。
鍋、ラーメン、うどん等々、結構使えます。
漬け込んで2週間程度で使えるようになり、使ったら、その分泡盛を継ぎ足して行けば、長期間利用することが可能です。
最後は、唐辛子の色が抜けて白くなるらしいです。

20171208-dsc05510-0800.jpg
長期保存用に44度の泡盛にも漬け込んでみました。
こちらは長期間保存予定。
忘れた頃に取り出して味わってみる事にします。

20171208-dsc05512-0800.jpg
子供達へのお土産はこちら、年末年始で帰ってくるらしいので、お土産に持たせたいと思います。

さて、明日は島唐辛子、最後の収穫予定。
冷凍して保存する事になるでしょう。

2017年12月08日:食べ物コメント(0)papas

コーレーグス

収穫した島唐辛子で、「コーレーグス」を作ってみました。
「コーレーグース」と呼んだりします・・・
水洗いして、水分を拭き取った島唐辛子を2日程乾燥させて、
いざ、漬け込みます。

20171030-dsc05258-0800.jpg
はい、こんな感じ。
適当な瓶が見当たらなかったので、それらしい容器を買ってきました。
口も大きいし、調味料用なのでそのまま使えます。
最低2週間程、赤唐辛子じゃ無いのが見た目変ですが、これはこれで面白いかも。

20171030-dsc05263-0800.jpg
ついでに、オリーブオイルにも漬け込みました。
こちらは、パスタやピザに合いそうです。
あと1瓶、焦がしニンニクを入れて作ってみようかと、準備中。

まだまだ青い実が沢山残ってます。
冷凍保存かな・・・・

2017年10月30日:食べ物コメント(0)papas

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 24 | 25 | 26 || Next»