長崎港祭り

長崎港祭りを見に行きました。
お昼からペーロン大会とか、いろんなイベントが行われていますが、
この暑さだし、お昼は仕事だし・・・・
結局、花火大会のみ参加。

20170731-dsc03163-0800.jpg
今年は、覚悟を決めて、単焦点レンズを一本だけ持ってきました。
それもオールドレンズ、コンタックスの28mmです。

20170731-dsc03175-0800.jpg
画角と高さを想定して、座ってみると・・・あら!
上が少々枠外に・・・これが一番最大と言う事で撮影を続けました。

20170731-dsc03187-0800.jpg
ズーム出来たとしても、途中で引くわけにも行かないんですけどね。

20170731-dsc03233-0800.jpg
お! これは綺麗に入りました。

20170731-dsc03213-0800.jpg
大きい花火をターゲットに画角を広げると、下の中小花火が映えなくなるので、結果良い感じの距離感でした。
心配された風向きもまずまず、お酒を飲みながら、写真撮りながらの花火見物。
次は、ラブフェスかな?


2017年07月29日:夜景・星・暗がりpapas

Comments

はじめさん:2017年07月31日

とても綺麗ですね
設定はどんな感じですか

papasさん:2017年08月01日

花火は、コツさえつかめば簡単な被写体です。
肝は、花火自体もの凄く明るいと言うことです。
普通に撮影すると、全て白い光になってしまいます。
色を出すために、今回の設定は・・・・

感度は、ISO 50
絞りは、F 16
シャッター速度は、BULBです。
NDフィルタを使って、減光する場合もあります。

そして、数を撮影します。

後は、ホタルと一緒で、数枚合成しています。

長崎の花火は、ハウステンボスを除くと面で打ち上がりません。
だから縦位置撮影で、高低差で華やかさを出します。
合成し過ぎて、賑やかになりすぎてもダメ。

撮影した写真から、高低差が違って色が出ている一枚を探すのは大変です。
数を撮影して、良い色のでた数枚、それも高低差がある写真を選択して合成いています。

Add coments