«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 380 | 381 | 382 || Next»

釣りに出掛けました。

実は、2月にも行ったのですが、今回も同じ所です。
と言うのも、天気は良かったのですが、前々日の風で、
ウネリが取れず、乗れる磯が限られてしまいました。

20200309-20200218-rokuro.jpg
上五島の頭ヶ島の北にある、「ロクロ島」です。
この瀬は、北風が風裏で、南に変わっても、頭ヶ島が波よけになって、
安定して釣れるポイントです。

20200309-dsc_1671.jpg
前回は、そこそこ魚の反応が有ったのですが、今回はパッタリ!
結局持ち帰ったのは、この2枚です。
普段だと、チヌは持ち帰らないのですが、今回はキープしないと魚が無い状態。
仕方なく持ち帰る事にしました。

20200309-dsc_1669.jpg
帰宅直後、さっさと出来る料理。
アラカブの味噌汁と、メジナの煮付け(もらい物)。

20200309-dsc_1679.jpg
そして、ゆっくり刺身で頂きました。
皮を炙って、氷水で絞めます。
皮付き、なかなか美味しいですよ。

時期的に、微妙な時期ではあったんですよね。
チヌが接岸してくると、メジナは沖に離れる傾向にあります。
寒グロのシーズンは終わったようです。

2020年03月09日:釣りコメント(0)papas

庭の花

春の花が追加です。

20200227-dsc06143-0800.jpg
キルタンサスです。
細長い筒状でやや湾曲したラッパのような花が、冬の間次々と咲き続けます。
笛吹水仙と言われる事もあるそうです。
次々に咲くので、長い間花を楽しむ事ができます。
増えすぎて困るくらい丈夫です。

20200227-dsc06252-0800.jpg
そして、春の定番、ジンチョウゲです。
香りが強く、秋のキンモクセイに匹敵する位香ります。
いろんな種類があるみたいですが、我が家のは白。

20200227-dsc06273-0800.jpg
そして、最後の一輪となったシャコバサボテンです。
赤から開花して、濃いピンク、薄いピンクと三種類。
本来、温室でもあれば、元気に育つんでしょうけど、
少々葉っぱも痛んでくたびれてきてます。
暖かくなったら、植え替えてあげましょう。

さてさて、ウイルス騒ぎで、巷が賑やかになってしまいました。
早く収束してくれる事を願うばかりです。

2020年02月27日:動物コメント(0)papas

梅にメジロ

アップするのを忘れてました。
今年は梅の花に元気がありません。
枝垂れ梅もパラパラ咲き出して、バラバラに散っていきます。
何時が満開なのやら・・・・

20200220-dsc06166-0800.jpg
梅の花を見上げていると、メジロが飛んできました。
忙しそうに、蜜を吸ってます。
夢中だからか、人慣れしてるのか、かなり近くに寄ってきます。
標準レンズの最大望遠 75mm で撮影できる距離です。

この、人慣れする習性が昔から愛玩用の鳥として飼われやすかったのかもしれません。
今は、野鳥を飼う事は法律で禁止されていて出来なくなりました。

2020年02月12日:動物コメント(0)papas

今年のランタン

今年のランタンフェスティバルは、人出も少なかったですね。
中国人観光客の影響もあったかとおもいますが、人混みに
出たがらない心理も影響しているように思われます。

20200213-dsc06004-0720.jpg
ランタンフェシティバルの終盤に、眼鏡橋周辺をウロついた時の写真です。

20200213-dsc06030-0720.jpg
綺麗なんですけどね、人が少ない事は確かでした。

20200213-dsc06036-0720.jpg
眼鏡橋もなんだか寂しそう。

20200213-dsc06051-0720.jpg
鉄橋を渡る電車を流し撮り。
バックはランタンです。

20200213-dsc06083-0720.jpg
最後は、逆さランタン。
水面に映るランタンを撮影してみました。

コロナウイルスの早い終息を願うばかりです。


2020年02月09日:イベントコメント(0)papas

梅が枝遠足

今年も蔵開きのシーズンがやってきました。
今年も参加、梅が枝遠足。
お昼前に到着して、何時ものお約束「豚汁」を頂きます。

20200210-dsc06103-2880.jpg
結構人気で、例年お昼過ぎには無くなる勢いです。
が!やっぱり今年は人出が少ない。
例年なら混み合って、なかなか進めない店内もスイスイ移動出来るし、
試飲もほぼ並ばずにOK。

20200210-dsc06108-2880.jpg
次は、お土産を買い込みます。
ヤッパリこれは外せない。
今朝絞りです。
殺菌してない生酒ですから、賞味期限は一週間。
早めにお召し上がり下さい。

20200210-dsc06112-2880.jpg
昨年10月にお目見えした、新商品「GIN」です。
試飲しましたが、ジンでした。(^_^;)
でもね、お値段が2800円。
ジンに2800円か~
今回は、パスです。

20200210-dsc06120-2880.jpg
毎年気になっているんですが、ご贈答用ですね。
綺麗な入れ物に、ラベルを印刷して発送できるみたいです。

20200210-dsc06127-2880.jpg
そして、今年もこれだけ空けました。
え~と、何人だったっけ。
今年も酩酊気味の方が出ましたが、概ね平和に終わりました。
お世話になった皆様、ありがとうございました。

2020年02月08日:飲み方コメント(0)papas

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 380 | 381 | 382 || Next»