«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 357 | 358 | 359 || Next»

トトロも花見

シャコバサボテンの後ろに隠れてた、トトロを表に出してみました。
花を見上げてるようでなかなか絵になります。

20180322-dsc01644-0800.jpg
今週末あたり、桜が見頃になりそうです。

2018年03月22日:植物コメント(0)papas

庭の花

春ですね。
2月頃から賑やかになった庭の花を一挙ご紹介。

20180319-dsc00780.jpg
クリスマスローズ。
違う種類のクリスマスローズも現在満開中。

20180319-dsc00787.jpg
こちらは、毎年お馴染みの、タマノウラツバキ。
毎年、接ぎ木や、挿し木で増やしてます。

20180319-dsc00790.jpg
20180319-dsc00812.jpg
次に開花は、梅の花。
シダレウメの紅梅です。

20180319-dsc00853.jpg
ジンチョウゲも元気に開花。
良い香りでした。

20180322-dsc01639-0800.jpg
20180319-dsc00866.jpg
20180319-dsc00870.jpg
シャコバサボテンは、三色。
赤から咲いて、ピンク、白。

20180319-dsc00909.jpg
チョット遅めの、スイセンも咲きました。
スイセンはラッパみたいな違う種類も咲いています。

20180319-dsc01584.jpg
そして、コブシも咲き始めました。

20180319-dsc01590.jpg
これは、花ではありませんが、葵の新芽も出てきました。
今年は株分け出来ると良いのですが。

庭の花も一段落。
暖かくなってくると花も咲きますが、雑草も元気に出てきます。
次の課題は、草取りですね。

2018年03月19日:植物コメント(0)papas

魚を料理

先日釣った魚を捌いてみました。
先ずは、チヌをどう料理するか・・・
残念ながら刺身で食べるには、好まれない魚です。
カワハギは良いですよね。

20180314-dsc_0718-0800.jpg
こんなになりました。
さすがに外海で釣れた黒鯛ですから、臭みも有りません。
黒鯛は、雑食性の魚です。
ハッキリ言って何でも食べます。
夏場とか、スイカでも釣れる程です。
港や、家庭排水が流れ込むような場所で釣れたら、間違い無くリリースです。
ま!そんな所では、釣りませんけどね。

20180314-220.jpg
さくに取った、身をコレで包んで、浸透圧で水気を抜きます。
味わいが増して、美味しく頂けました。

20180314-dsc_0720-0800.jpg
アラは、煮付けに。
ご飯が何杯でもいけます。
お茶漬けにしても良いですね。

20180314-dsc_0726-0800.jpg
さて、今回は、包丁をご紹介。
手前が、出刃包丁。
刀身が厚つく、大きな魚の頭も真っ二つ。
真ん中が、三徳包丁。
魚、肉、野菜の3つに使えることから、三徳という名前になりました。
そして、上が、柳刃包丁(刺身包丁)です。
蚊焼の包丁は、お安くて普段使いの包丁なんですよね。
この三本は、両刃の包丁となります。

20180314-dsc_0722-0800.jpg
そして、一本だけ本格的な、片刃包丁。
鎌形薄刃包丁です。
今回は、この包丁で刺身を引いてみました。

20180314-dsc_0725-0800.jpg
ご覧の通り、片刃で刃の無い方は、凹んでいます。

20180315-section_w_img02.gif
刺身を引いた時に、身離れが良く、刃が薄いので綺麗に切れます。
包丁が重いので、押す必要もありません。
刃を当てて軽く引くだけで簡単に刺身が取れます。

鉄包丁は、錆びますから、使い終わったら磨いで食用油を薄く塗って保管します。
切れ味は、コレが一番です。
普段使いにすれば錆びる事無く使い続ける事が出来ると思います。

2018年03月14日:食べ物コメント(0)papas

釣り

春めいて来たので、防寒服を一枚減らして、釣りに出かけました。
ノンビリ、サンデーフィッシング、と言えば、釣り公園でしょう。
高島釣り公園に行ってみました。

さすがに日曜日、釣り客が多い事、伊王島まで車で行って港の駐車場に駐車。
そこから、船で高島に渡ります。
さて、今日の釣果はどうでしょうか?

久し振りの釣り公園、釣り方をすっかり忘れていました。
アタリがありません、ウキが沈みません。
ここの水深は、深いところで竿4本(20m以上)になります。
ウキ止めを使う昔ながらの釣り方では、厳しい釣り場です。
最近の流行は、全層沈め釣り、ジワジワ沈めながらアタリを取ります。
日が高くなって、常連さんは、ボチボチ上げ始めました。

20180314-dress_11032018_111418-0800.jpg
メジナのタナで全くアタリが無いので、苦渋の決断、水深を測って底釣りに切り替えました。
そして、何とか釣れたのがコレ!
48.5cmの黒鯛(チヌ)です。

20180314-dsc05767-0800.jpg
背伸びをさせると、49cmくらい有りそうです。

20180314-dsc05775-0800.jpg
そして、問題の体重測定。
惜しい! 1.86Kg でした。
久し振りに 2Kg オーバーを期待したのですが、また次回ですね。

20180314-dsc_0706-0800.jpg
高島と言えば、ニャンコ。
人馴れしたニャンコが沢山出迎えてくれます。
雑魚をもらってるんでしょうね、良い恰幅です。

20180314-dsc_0707-0800.jpg
片付けを終えて、帰ろうとすると、通路の真ん中で日向ボッコ中。
避けようともしません。
逆に唸られてしまいました。

今回も、ボーズじゃ無くて良かった。
お正月の釣りお守りと、安全お守りの御利益かもしれません。

2018年03月11日:釣りコメント(0)papas

バイクメンテナンス

走行距離が、25000キロを超えたので、メンテナンスをする事のしました。
暖かくなってからのツーリングに備える意味でも良いタイミングです。
今回のメンテナンスは・・・・

1.チェーンの掃除と、注油。
2.オイル交換。
3.ドレーンプラグとワッシャーの交換。
4.オイルフィルタの交換。
5.エヤーフィルターの点検。
6.クラッチワイヤーの掃除。

1.チェーンの掃除と、注油。
20160410-dsc04274-0720.jpg
チェーンクリーナーで綺麗に掃除して、乾燥させます。
この乾燥を怠ると、その後悲惨な事に・・・・
チェーンオイルの粘度が下がり、走行中にバシバシ飛び散ります。

2.オイル交換。
20160410-dsc04250-0720.jpg

3.ドレーンプラグとワッシャーの交換。
20160410-dsc04254-0720.jpg
今回は、ボルトも、ワッシャーも新品交換です。

4.オイルフィルタの交換。
20160410-dsc04266-0720.jpg
新品と交換して、同時にOリングも交換します。

5.エヤーフィルターの点検。
このバイクのエアーフィルタは、湿式で、表面にオイルが塗られてます。
サイドのフェンダーを開くとエアフィルタが見えるのですが、綺麗なものです。
交換は3万キロ超えたあたりで考えましょう。

6.クラッチワイヤーの掃除。
20180308-dsc_0661-0800.jpg
ワイヤーインジェクタ、これを使います。

20180308-ws000001.jpg
使い方はこんな感じ。
ワイヤの上部に、インジェクタを付けて、オイルが漏れないようにネジ止めします。
その後、開いてるゴム穴に洗浄用のオイル(556)等をプシュ~~と噴射。
ワイヤを掃除します。
その後、粘度の高い、ワイヤーグリスを注油して完了です。

ワイヤーの洗浄をしたのですが、あまり汚れてませんでした。
重く感じてたのは、クラッチレバーの油切れが原因だったみたいです。
外から見えてる部分なので、こまめに注油する事にします。

今回、クラッチレバーの繋がりを少し遅くしてみました。
乗って調整ですね。

2018年03月04日:乗り物コメント(0)papas

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 357 | 358 | 359 || Next»