«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 382 | 383 | 384 || Next»

ナンジャモンジャ開花

昨年強選定した、ナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)が開花しました。
強選定した後は、花を付けないと言われてたので少々心配しましたが、切られなかった枝から開花。
選定後に出てきた枝には、全く花がありません。

20200502-dsc09996-0800.jpg
この品種、大きく二種類あるみたいで、花弁が細くてワンサカ花を付けるのは、「アメリカヒトツバタゴ」らしいです。

20200502-dsc09999-0800.jpg
対馬の自生種「ナンジャモンジャ」は、少し花弁が大きく、花付きは少なめです。

20200502-dsc00006-0800.jpg
選定せずに、綺麗な花を楽しむには、広い庭が必要になりそうです。
「ヒトツバタゴ」は、10~30mにまで大きくなります。
幹は、30cm にもなるそうで・・・
狭い我が家の庭では、選定しないとどうにもなりません。

「アメリカヒトツバタゴ」は、大きくなっても10m前後らしく、
花もワンサカ咲きますし、少し香りも強いとの事、こちらの方が庭木向きらしいです。

お隣にはみ出した枝を思いっきり切ったので、しばらくは心配ないでしょう。
来年は、強選定後に成長した枝に、花を付けてくれる事を願います。

2020年05月02日:植物コメント(0)papas

庭の花

コロナウィルスで気分が盛り上がりませんが、せめてもの庭の花。
世間がバタバタしてても、季節は巡ります。

スパニッシュ・ブルーベール
20200420-dsc09842-0800.jpg
スイセンみたいな葉っぱから、釣り鐘上の花が・・
今年は数が少ないな~そういえば、スイセンも少なかった。

ヒメオウギ
20200420-dsc09905-0800.jpg
隅っこにひっそり咲くので、見落としがちですが、特徴の有るかわいい花です。

アマドコロ
20200420-dsc09903-0800.jpg
こちらも釣り鐘上の花をつけます。
あっという間にしおれてしまい、後は葉っぱを楽しむ植物です。

ハゴロモジャスミン
20200420-dsc09860-0800.jpg
こちらは、強烈な「マダムの香り」
花より先に、香りで咲いたことを気付かされる花です。

モッコウバラ
20200420-dsc09856-0800.jpg
今年も、たくさん花をつけました。
毎年元気です。

2020年04月20日:植物コメント(0)papas

バイクメンテナンス

頑張ってくれてる愛車(バイク)も走行35000Kmを超えました。
今回、定期的なオイル交換と、駆動系の交換を行いました。

オイル交換は、いつもの通り、ただ今回オイルを変えてみました。

20200411-e280s.jpg
今までは、WAKO's トリプルアール エンジンオイル [10W-40]を使っていたのですが、これがお高い。
1Lで2000円以上します。

20200411-51sdj6dj2cl__ac_.jpg
そこで、今回からはこれをチョイス。
「ヤマルーブ/プレミアムシンセティックオイル 10w40 4L」
100%化学合成油で、4Lカン×2で10000円です。
レイースをするわけでもないので、それなりの純正オイルを使ってみることに・・・・
オイルを変えて、体感が変わる事はまずありませんね。
それほど、シビアな感性を持ってません。
体調によって、乗れてる乗れてないの方がハッキリ解ります。

20200411-dsc09827-0800.jpg
駆動系の交換は、前後のスプロケットと、
チェーンを交換してもらいました。
それなりに距離を走ってますから、良い頃合いだと思います。

20200411-dsc09850-0800.jpg
新品は綺麗ですね。

20200411-dsc09849-0800.jpg
タイヤも新品です。
こちらは、フィーリングが変わります。
何となく、コロコロした感じ、良く倒れます。
今回までは、標準のタイヤを購入しました。
オフロードを走ることが少ないので、次回、前輪、後輪同時交換の時に、タイヤパターンも変更してみようと思います。
より、オンロード向きのパターンにしても良さそうです。

20200411-dsc09833-0800.jpg
新品のタイヤですから、50K程走って一皮剥いてみました。
大人しく走りながら、リーンアウトでタイヤの全面を削る感じで乗ってみました。
それでも、外側一杯までは倒れてませんね。
外側ブロックの、先っぽだけ削れた感じです。

最初は滑りやすいので、慎重に乗ることにしましょう。
さて、次は、40000Kmでしょうか。
次は、フロントサスペンションと、点火プラグ、エアーフィルタを考えてます。


2020年04月11日:乗り物コメント(0)papas

島原の桜

実家に戻って、母を連れ出して花見です。
この御時世ですから、人気の少ない場所へ・・・

20200408-dsc09593-0800.jpg
雲仙普賢岳をバックに満開の桜。
人気も無く良い環境でした。

20200408-dsc09685-0800.jpg
帰りに、島原城周辺を歩いてみました。
良い天気で、桜も満開。
足りないのは、ゴザと日本酒でしょうか。

20200408-dsc09647-0800.jpg
花見鳥(1)
キツツキだと思うのですが・・・
コゲラにしては、大きいような気がします。

20200408-dsc09677-0800.jpg
花見鳥(2)
こちらは、最近勢力拡大中の「イソヒヨドリ」雄です。
遠目に見ると、地味なんですが、アップで撮影すると綺麗な鳥です。
比較的、人慣れしている鳥で近づいてもこちらの様子を窺う感じでジッとしてます。
おかげで、かなり接近して撮影できました。
餌付けも可能ですよ。

さて、そろそろ桜のシーズンも終わり、次はフジの花かな?

2020年04月04日:植物コメント(0)papas

久しぶりの再会

仙台から友人が遊びに来てくれました。
確か前回お会いしたのは、2017年だったでしょうか。
ホントに久しぶりの再会です。

今回は、知り合う切っ掛けともなったボルドーで再会のお祝いをする事に・・・
久しぶりのワイン会です。

20200330-dsc06372-0800.jpg
前菜です。
今回はお料理を紹介します。
ワイン会は久々ですが、人数分のワイン(今回は12本)が準備されてます。

20200330-dsc06377-0800.jpg
何時もなら、大皿でワイワイつつき合うのですが、この御時世、お店の配慮のおかげで単品で出てきます。

20200330-dsc06394-0800.jpg

20200330-dsc06390-0800.jpg
流石にパエリアだけは、大皿ですね。
彩りよく、とても美味しくて美しい一皿です。

20200330-dsc06400-0800.jpg
最後にお肉・・え~と。
とても特殊なお肉だったと思うのですが、この時間帯になると、良い感じで酔いが回って記憶が定かではありません。

20200330-dsc06381-0720.jpg
楽しい時間は、アッと言う間に過ぎて、次の再会を約束して解散となりました。
次回は、こちらから遊びに行きたいと話しながら・・・・

2020年03月30日:飲み方コメント(0)papas

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 382 | 383 | 384 || Next»