«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 346 | 347 | 348 |...| 358 | 359 | 360 || Next»

雨だ!

今日は昼前から雨が降り出しました。
裸祭りの花火大会を見に行きたかったのですが、さすがに自転車で移動できないので断念する事にしました。

暇な一日、音楽を聴きながら、ホームページの更新作業を行いました。
久しぶりに壁紙集を更新してます。

http://www.hbnet.jp/papas/wallpaper/index.html

ふと足下を見ると、折り鶴ランが可愛い花を咲かせていました。
朝11時頃からふくらみなじめ、13時頃に開花・・・・
14時頃には、ほぼ全開!

おそらく夜には萎むんだと思います。

折り鶴ランの花
★折り鶴ラン(SONY R1 シャッター速度 0.625sec 絞り F16 ISO-160)

クローズアップレンズと、三脚を使用して撮影しました。
よくよく見ると、今までに2つほど咲かせた形跡があります。
昼間咲くので帰ってきたときには萎んでたという事みたいです。

たまにはボケーーーーーーと、家で過ごす事も必要みたいです。

そうそう・・・・先程気づいたのですが、私が育てているのは、「ソトフオリヅルラン」で、葉の外に白い模様が入るタイプでした。
岡山でよく見かけるのが「ナカフオリヅルラン」で、葉の内側に白い模様が入るタイプみたいです。
どちらも育て方や特性はよく似ているそうで・・・・・先程まで全然知りませんでした。

なんか変だなとは思っていたのですが・・・・・

2007年02月17日:植物コメント(0)papas

ぶらり立ち寄ったカメラ屋で

岡山アーケードの某カメラやで、カメラのフィルタを購入しました。
古い物で、どれでも500円・・・・

Kenko MC Filter (Multi Coated Protector(定価 3800円) と
Kenko Optical Filter PORTMATE B(定価 6000円) でした。

ま! 二つ合わせて1000円なら失敗しても良いでしょう。
プロテクタに関しては、単にレンズ保護フィルタなので、常時付けた
状態で使えるし、実用的です。

と言うことで、昼休みの後楽園周辺の散策で、椿が咲き始めました。

椿
★携帯カメラで撮影・・・補正沢山
咲き始めが綺麗ですね。
赤がしっかり出てます。

芝焼き
★携帯カメラで撮影・・・補正沢山
後楽園の中も芝焼きが終わり、いよいよ春を迎える準備が整ってきたようです。

明日は西大寺の裸祭り、21時からの花火を見に行きたかったのですが、どうも雨がふりそうです。
チャリ移動の私としては天気次第と言うところでしょうか・・・・
見に行く人いませんか?

2007年02月16日:植物コメント(2)papas

ボーリング大会

今日は組合主催のボーリング大会に参加しました。
私の場合、力まかせの投法で、「気晴らしじゃ・・・気晴らし」みたいな乗りで結構スッキリ楽しみました。  スコアーは・・ナイショ!
そうそう、Nos夫も同じレーンで楽しみました。
昔ボーリング全盛期、レーンが空くまでビリアードをして待つような時代がありました。
あ! ビリアードもしてみたいな。
4つ玉、ナインボールどちらでもOK。
どなたか遊びに行きませんか?

あーーー! 写真撮り忘れた。

2007年02月14日:イベントコメント(0)papas

今日の飲み物

今日も一日お疲れ様でした。

帰宅して一息、今日の飲み物は・・・・・・とりあえずビール(頭に第3のが付く)を一缶、その後は、チビチビと日本酒を頂きました。
たまの贅沢と言うことで、少しお高めの冷酒を購入しました。
辛口の日本酒も良いですね。

日本酒(冷酒)
★日本酒を撮影(SONY R1 シャッター速度 0.025sec 絞り F3.5 ISO-160)
と言うことで、ライトの角度を変えて撮影してます。
透明だと今一ですね、ブランデーとかの方が琥珀色にそまって、綺麗かもしれません。
次回挑戦しましょう・・・給料日後に(^_^;)

2007年02月13日:食べ物コメント(0)papas

夕焼けの撮影

花火撮影、夜景撮影に続く第3回目・・・そろそろネタ切れ。

今回は夕焼けの撮影で思うことです。
先ず、撮影ポイントの考え方について、思うことを書いてみましょう。
なぜ夕焼けは赤いのか!? 理科の実験で使ったことがあるとおもいますが、プリズムの光を思い出してください。 赤い色の光は屈折率が高く、光の入射角の関係で地表に到着する可能性が高くなります。
又波長の短い青色は、空気中の塵や水蒸気に当たると乱反射して、地表に届きにくくなります。

平らな地形での太陽光が到着する大気の層は次のようになります。

平地の太陽光
真上からの光より、日没近くの光の方が、大気の層を多く通過する事がわかります。
次は谷間からの太陽光の到着です。

谷間の太陽光
日没近くの角度が高いため、平地での太陽光より大気の層が薄くなります。
次は山頂からの太陽光の到着です。

山頂の太陽光
山頂からだと、平地や、谷間にくらべ、より多くの大気層を通過することになります。

以上の事から、より多く大気を通過する山頂での撮影の方が夕焼けらしく赤い光を多く含むはずです。
しかしながら大気の塵や、水蒸気は、気象条件により前後するため、山頂の方が綺麗な夕焼けに遭遇する可能性が高いと言うことで、必ずそうなるとは限らないのが辛いところです。

夏場の金甲山
★岡山、金甲山 (SONY R1 シャッター速度 0.016sec 絞り F16 ISO-160)
この写真は、夏の金甲山からの夕焼けです。
水蒸気は冬場と比べ多めですので、結構赤が出ています。

秋の児島湾
★岡山、児島湾 (SONY R1 シャッター速度 0.005sec 絞り F16 ISO-160)
秋に児島湾から撮影した写真です。
海に絡むと水蒸気が増え、赤が出やすいような気がします。

高松の屋島からの夕焼け。
★高松、屋島 (SONY R1 シャッター速度 0.008sec 絞り F16 ISO-160)
秋口で高場所からの撮影です。
高松の屋島から撮影しました。

高松からの帰りのフェリーから撮影
★高松~岡山、フェリーより(SONY R1 シャッター速度 0.002sec 絞り F16 ISO-160)
高松からの帰りのフェリーから撮影しました。
海に沈む夕日や、朝日は結構綺麗な赤がでます。

秋の金甲山から撮影
★岡山、金甲山 (SONY R1 シャッター速度 0.02sec 絞り F16 ISO-160)
秋の金甲山からの撮影。

岡山は、平地が多く、普通に撮影しても綺麗な夕日を撮影出来る機会が多そうです。
私の出身地、長崎より、場所を選ばず良い写真が撮れます。
お試し下さい。

そうそう・・・場所選びは上記でOKと言うことで、後は、写真の撮影方法なのですが、太陽光は結構明るいので、EV補正を暗めにすると赤が出やすくなります。
シャッター速度も早めに設定できますから、手持ち撮影でも、いい絵が撮れると思います。

2007年02月12日:写真撮影コメント(0)papas

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 346 | 347 | 348 |...| 358 | 359 | 360 || Next»