«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»

上五島(馬の瀬)

釣行に出かけました。
で、場所が上五島、相之島の「馬の瀬」なのですが、
この瀬、ブログによると「馬の背」とも書かれてるんですよね。
どっちがホントか、船頭に確認すると「馬の瀬」じゃね~と曖昧な回答。
さて、どっちなんでしょうか?

20191113-dsc00373-0720.jpg
一緒に釣行に行った、K氏に登場して頂きましょう。
良い感じの、夕暮れです。

20191113-dsc00384-0720.jpg
星撮りをしようと、カメラを持っていたのですが、この日は中潮で月が長時間でてました。
やっと、朝方月が沈んで星の撮影を少々。
天候も曇り気味でコンディションは今一でしたが、オリオン座が綺麗に見えてました。
天の川は、次回にお預けです。

20191113-dsc00389-0720.jpg
磯からの朝日です。
夜通し釣って、釣果は今一。
ま!食べるくらいは釣れました。
こちらも、次回に期待です。

2019年11月09日:釣りコメント(0)papas

電気ウキの改造

さてさて、久々に釣りの話しです。
市販の電気ウキに手を加えて、自分の釣りスタイルに合わせます。

20190901-dsc_1270_0720.jpg
使うのは、この二種類。
メインは、左の電気ウキなのですが、トップがゴム製で
磯にスレるとすぐに壊れてしまいます。
オマケに接触不良が多い。
で、右の Kizakura 製の電気ウキを合体させます。

20190901-dsc_1407-0720.jpg
はい、こんな感じ。
トップのネジを削って、Kizakura の本体をねじ込みます。
エポキシ系接着剤で固定中。

20190901-dsc_1274_0720.jpg
次に、ホットボンドを使って、半田を巻き付けます。

20190901-dsc_1276_0720.jpg
私は、飛びやすいように、上重心。
仕掛けが馴染むと、ウキが立つくらいの重心です。
これで、5B程度の浮力でしょうか。

20190901-dsc_1410-0720.jpg
今回は、先輩用ですから、要望通り下に重心をおいて自立ウキにします。

20190901-dsc_1416-0720.jpg
ゴテゴテと付けた、ホットボンドをカッターで削って整形。
熱して綺麗に整えます。
半田の量で、浮力調整、これで、2B強です。

20190901-dsc_1418-0720.jpg
試しに点灯。

20190901-dsc_1422-0720.jpg
さて、完成です。
今月末の飲み方で、お渡し出来ると思います。
後は、釣果ですね。

2019年09月01日:釣りコメント(2)papas

剥き身の調査

先日作った釣り餌の「剥き身」を使って釣行に行ってきました。
釣り場は、式見港から船で20~30分の場所。
少しウネリが残ってましたが、何とか上陸できました。

20190306-dsc03259-0800.jpg
釣果はと言うと、瀬上がり直後から、ポツポツと小物が上がり、
納竿1時間前に40cmのジグロが釣れました。
結局持ち帰ったのは、足の裏以上、その他はリリースです。
通常の刺し餌と比べてみると、断然剥き身の食い込みが良いです。
エビを見つけたら、その都度購入して量産しとかないといけませね。

20190306-dsc03261-0800.jpg
卵がパンパンに入ってました。
小型の魚と一緒に、煮付けにして頂きました。

20190306-dsc03263-0800.jpg
そして、ハラミだけのお刺身。
毎度の事ながら、釣りたては臭みも無く美味しいです。

さて、次の釣りは来月でしょうか・・・
使った道具の手入れをして、次回の釣行に備えるのも楽しい時間です。

2019年03月06日:釣りコメント(0)papas

釣り餌

釣りに使う、付け餌を作ってみました。
お昼の散歩コースに鮮魚店や市場を入れてウロウロしていると、
見つけました新鮮な芝エビ。

20190227-dsc02968-0800.jpg
生エビを剥いて、キッチンペーパーで水分を取ります。
その後、むいたエビの頭を絞って味噌を抽出、混ぜ合わせます。
その後のレシピは・・・・
1.味の素
2.アミノ酸α
3.撒き餌「V9」を振るいにかけた粉末。
これらを適量ブレンドして、数時間熟成。
ラップに小分けして、冷凍保存します。
これで、1シーズン使えます。

さて、釣果や如何に!

2019年02月27日:釣りコメント(0)papas

魚料理

魚釣りが終わると、次は料理です。
せっかく釣った魚です、責任を持って頂かないと・・・

20190203-dsc06769-0800.jpg
ヒラメは、半身を親類にお裾分けした残りの半分、
五枚下ろしの身の部分1/4を刺身にしました。
下のジワジワしたのは、エンガワです。

20190203-dsc06766-0800.jpg
そして、これがエンガワの刺身。
右の小さな物体は薬味の島唐辛子なのですが、
エンガワの筋肉部分が、唐辛子に匹敵する大きさ。
ビックリです。

メジナと、イサキは、初日に捌いてお刺身で頂いた残りは、
三枚に下ろして、適度な塩水に漬けて、最後にミリンを潜らせ一日干しました。
こちらは、冷凍保存が出来ます。
ヒラメの残りは、ソテーとフライで頂きました。

20190203-dsc02829-0800.jpg
それでも食べきれない残りは、漬けにして後日漬け丼。

20190203-dsc02832-0800.jpg
お茶をかけても美味しいですよ。

色々と処理して、二週間、明日でやっと魚の姿が消えます。
(冷蔵干物は別として)
適度に持ち帰る量を調整します。
取り敢えず釣ってスカリ(活かし網)にキープしておき、
大きい方から、処理しながら残った魚は逃がします。

最近は、魚をそのままの姿で貰ってくれる家庭は少ないのです。
釣りの仲間は、大丈夫なんですが、ご近所に配ろうにも、処理出来る家庭が少なくかえって迷惑になります。
せめて三枚下ろしにして、「さく」の状態にしないと渡せませんね。
釣り過ぎても、後が大変なんです。

2019年02月03日:釣りコメント(0)papas

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 || Next»