«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 24 | 25 | 26 || Next»

イセエビ漁解禁

イセエビ漁解禁です。
8月中盤から、タイムラグは有りますが、順次解禁。
久し振りに、イセエビ料理を頂きました。

20180909-dsc06372-0800.jpg
選んだお店は、崎戸の「椿の宿」。
前回訪れたのは何時だったか・・・
既に経営者も変わり、世代が受け継がれていました。
9月8日から、崎戸イセエビ祭も開催される、前日です。
良い形のイセエビが出てきました。

20180909-dsc06373-0800.jpg
イセエビを前回食べたのは、何時だったかな~

20180909-dsc_0398-800.jpg
去年の11月、五島出張で船頭さんと直接交渉。
こんなの頂きました。
小さいのが出てくるかと思えば、ビックリするくらいの大物。
今年も予定されているので、交渉してみようと思ってます。

年に一度のイベント、来年を楽しみに貯金します。
(^_^;)

2018年09月09日:食べ物コメント(0)papas

ウナギ

久し振りに、ウナギを食べに行きました。
このウナギ定食は、ここで最初に食べた頃は、1800円だったかな?
それが、シラスウナギの不漁で、2100円になり・・・2600円になり。
去年は、2800円。
そして今年は、3200円になりました。

20180827-dsc_0854-0800.jpg
このお値段になると、食べたくなっても、すぐ決断が出来なくなります。
それでも、年に一度は食べたいですね。

2018年08月27日:食べ物コメント(0)papas

毛ガニ

毛ガニを頂きました。
さて、どのように解体したものか・・・・

20180629-dsc00392-0800.jpg
タラバや、ズワイと違い、非常にコンパクトに縛られてます。
印象は、小さいでしたが、ゴムを取って足を伸ばすと、あら~意外と大きかったのね。

20180629-dsc00402-0800.jpg
胴体部分のお肉を、無口になりながら取り出し、ミソがタップリの甲羅に入れてみました。
身がビッシリ、そして、甲羅が高い、厚みがありました。

20180629-dsc00407-0800.jpg
さて、次は足行きましょうか。
付け根部分を解体、無口になりながら取り出してみます。

20180629-dsc00418-0800.jpg
足10本分を甲羅に入れると、こんな感じ。
胴体部分のお肉と味が違います。
こちらは瑞々しい感じ、楽しめますね。

20180629-dsc00411-0800.jpg
お酒も進むぜ!

20180629-dsc00421-0800.jpg
この時点で、お腹一杯なのですが、足先が残ってます。
足先部分のお肉を、またまた無口になりながら取り出してみると・・・
結構有るじゃないか。

20180629-dsc00422-0800.jpg
最後は、ワインと一緒に頂きました。

タラバが大味に思えてしまいます。
ガッツリ食べるならタラバ、ズワイ、味わってジックリなら、毛ガニでしょうか。
ちなみに、タラバは足が4本、正確にはヤドカリです。
初めての毛ガニ体験でしたが、これは旨いです。

2018年06月29日:食べ物コメント(0)papas

開店祝い

何時もお世話になっているお店に開店祝いに行きました。
今月末にワイン会が予定されてますが、何かと忙しく
参加出来そうにありません。

20180613-dsc00344.jpg
先ずは、ワインで乾杯。

20180613-dsc00354.jpg
そして、久し振りに「トルコ風ライス」
トルコライスは、時々食べますが、このお店のトルコライスが一番好き。
大人の味って感じでしょうか。
一口食べてから、写真を撮るドジっぷりは相変わらずです。

20180613-dsc00356.jpg
長崎スパケッチも久し振りに味わいました。

ヤッパリワインは、外飲みですね。
他のお客さんも交えて、楽しい一時を過ごしました。

2018年06月13日:食べ物コメント(0)papas

魚を料理

先日釣った魚を捌いてみました。
先ずは、チヌをどう料理するか・・・
残念ながら刺身で食べるには、好まれない魚です。
カワハギは良いですよね。

20180314-dsc_0718-0800.jpg
こんなになりました。
さすがに外海で釣れた黒鯛ですから、臭みも有りません。
黒鯛は、雑食性の魚です。
ハッキリ言って何でも食べます。
夏場とか、スイカでも釣れる程です。
港や、家庭排水が流れ込むような場所で釣れたら、間違い無くリリースです。
ま!そんな所では、釣りませんけどね。

20180314-220.jpg
さくに取った、身をコレで包んで、浸透圧で水気を抜きます。
味わいが増して、美味しく頂けました。

20180314-dsc_0720-0800.jpg
アラは、煮付けに。
ご飯が何杯でもいけます。
お茶漬けにしても良いですね。

20180314-dsc_0726-0800.jpg
さて、今回は、包丁をご紹介。
手前が、出刃包丁。
刀身が厚つく、大きな魚の頭も真っ二つ。
真ん中が、三徳包丁。
魚、肉、野菜の3つに使えることから、三徳という名前になりました。
そして、上が、柳刃包丁(刺身包丁)です。
蚊焼の包丁は、お安くて普段使いの包丁なんですよね。
この三本は、両刃の包丁となります。

20180314-dsc_0722-0800.jpg
そして、一本だけ本格的な、片刃包丁。
鎌形薄刃包丁です。
今回は、この包丁で刺身を引いてみました。

20180314-dsc_0725-0800.jpg
ご覧の通り、片刃で刃の無い方は、凹んでいます。

20180315-section_w_img02.gif
刺身を引いた時に、身離れが良く、刃が薄いので綺麗に切れます。
包丁が重いので、押す必要もありません。
刃を当てて軽く引くだけで簡単に刺身が取れます。

鉄包丁は、錆びますから、使い終わったら磨いで食用油を薄く塗って保管します。
切れ味は、コレが一番です。
普段使いにすれば錆びる事無く使い続ける事が出来ると思います。

2018年03月14日:食べ物コメント(0)papas

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 24 | 25 | 26 || Next»