«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 25 | 26 | 27 || Next»

魚料理(2)

魚料理の続きです。
漬けの保存限界に近づいて、それでも残ってたら・・

20191114-dsc_1508-0720.jpg
炊き込みご飯「鯛飯」メジナですけどね。
今回は、柚子胡椒で味漬けしたので、サッパリ良い感じです。
これは、これで有りですね。
お茶漬けもお勧めです。

20191114-dsc_1515-0720.jpg
小さめの「メジナ」を三枚下ろしにして、塩水に漬けます。
30分前後漬け込んで、その後干し網に並べ一夜干し。
この季節乾燥して、良いコンディションです。

直火で焼いても良いですが、フライパンで焼き入れしても美味しく頂けます。
保存もソコソコ利きますから小さめの魚は、これが良いですね。

さて、今回も、釣って食べて、生き物を無駄なく美味しく頂きました。
命を頂くので、無駄にできません。

2019年11月14日:食べ物コメント(0)papas

魚料理

今回の釣行で釣った魚は・・・・
種類的には、メジナ「クロ」とイサキ。
イサキは一匹だけだったので、基本メジナ料理となります。

1.煮付け
2.刺身
3.一夜干し
4.漬け
の四種類。

20191113-dsc_1510-0720.jpg
初日は皮を引いてからの刺身でしたが、
二日目は、皮目を炙って、皮ごと頂きました。
皮ぎしの油が美味しいんですよね。

20191113-dsc_1509-0720.jpg
二日目以降は、漬けになります。
ミリン、酒、麺汁、ショウガ、島唐辛子と、柚子胡椒。
適当な割合で混ぜて、そこそこ美味しく頂けます。
今回、柚子胡椒も加えましたが、さっぱり感が出て、良い感じでした。
一夜干しと、煮付けの写真は・・・撮り忘れてましたね。

魚料理の善し悪しは、魚の絞め方が重要ですね。
持ち帰っての味が全然違います。

1.脳に一撃
2.エラを切って血抜き
3.背骨の神経節を破壊して、神経絞め

この作業はお勧めです。
血抜きは、丁寧に行いましょう。

2019年11月13日:食べ物コメント(0)papas

呼子のイカ

紅葉見物をしてからの、お昼ご飯です。
唐津と言えば・・・イカ。
呼子に立ち寄りました。

20191113-dsc09368-0720.jpg
アレ!? コレってアオリイカ(ミヅイカ)じゃありませんか。
何時ものケンサキイカが捕れないらしく、今日はアオリイカです。

20191113-dsc09373-0720.jpg
それでも、上手に薄作りされてます。
食感も、アオリイカ独特の、粘りは無く、サッパリ、コリコリ。
上手に処理してますね。

お腹一杯、帰りに眠くなりそうです。
頑張って帰って、夜の部へ・・・・
前に熊本出張で購入した、「馬刺し」が待ってます。
お酒を買って、帰る事にしましょう。

2019年11月06日:食べ物コメント(0)papas

ワインの解禁日

有名なボジョレー・ヌーヴォーは11月21日(木曜日)が解禁日ですね。
イタリアワインは、10月末に解禁されています。
久しぶりに、自分的には非常に贅沢な食事をワインと一緒に頂きました。
ワインの写真は、撮り忘れました。(>_<)

20191105-dsc00347-0800.jpg
前菜です。

20191105-dsc00361-0800.jpg
メインはお肉の5種盛り。
種類毎は少なく感じますが、いやいやどうして・・・
結構お腹一杯になりました。
右上の、鴨肉が思いのほか美味、食感が違うので飽きずに頂けました。

20191105-dsc00367-0800.jpg
最後は、パスタ。
パイの包み焼きみたいな感じで、お肉をパスタ生地で包んであります。

最近ご無沙汰しているワイン会。
たまには、リッチに食事会も良いですね。

2019年11月05日:食べ物コメント(0)papas

食事会

一月投稿が滞りました。
年を重ねると、重いカメラの持ち歩きが億劫になるんですよね。
でも画質も良い物を求めたい、となると重い機材になります。
今回は、久し振りに、フルサイズを持ちだして見ました。

20191002-dsc04693.jpg
さすがにフルサイズ、ISO5000で、まだリテールを維持してます。
条件が厳しくなる程に、重い機材が必要になりますね。

20191002-dsc04695.jpg
先ずは、こちらをつまみに、乾杯。
美味しく頂きました。

20191002-dsc04698.jpg
メインはこちらです。
今日は鳥料理を頂く予定で立ち寄ったのですが、残念ながら仕入れ無し。
熟成のラム肉を頂きました。
歯ごたえが有り、それでいて筋張ってる訳でも無い。
肉の本来の旨味を堪能しました。
この写真が、ISO2500です。
照明が白熱球なので、赤被りは仕方有りません。
補正してもこの程度です。
LED光だと、本来の色が出やすいんですけどね。

次訪れる時は、食材も予約する必要がありそうです。

2019年10月02日:食べ物コメント(1)papas

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 25 | 26 | 27 || Next»