«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 25 | 26 | 27 || Next»

食べ比べ

前回アップした、「チヌの白子」
他にも料理がありました。

20200330-dsc06356-0800.jpg
ヤッパリ刺身の食べ比べは必要でしょう。
場所が変われば、味が変わるのか・・・
上半分がチヌ、下半分がマダイです。
今回、無人島の沖瀬ですから、人の生活圏まで移動しているとは思えないチヌでしたが、味は似たり寄ったりです。
ただ、近場で釣った時の臭みは全くありません。
口触りと言うか、ネットリ感が何とも我慢できません。

20200330-dsc06358-0800.jpg
刺身の後の骨を使って、お吸い物にしてみました。
こちらは上品でなかなか良い油が出てます。

20200330-dsc06362-0800.jpg
そして、チヌのソテー。
コレは美味しいですね。
この魚は、熱を通して食べるべきです。

昔から五島では、出汁を取って捨てる魚と言われています。
毒があるわけではありませんから、食べ方によっては美味しく頂けます。

2020年03月25日:食べ物コメント(0)papas

チヌの白子

前回、とっても貧果だった釣り。
リベンジとばかり、日帰り昼釣りに行ってきました。
で!結局、撃沈、この時期魚は繁殖のため陸から離れているようです。

20200324-dsc_1633-0800.jpg
今回また、こいつを持ち帰るはめになりました。
さばいてみると、雄で白子が大きくなっていたので持ち帰る事に。
さ~て、どう調理したものか・・・・

20200324-dsc_1634-0800.jpg
カマと、アラカブの味噌汁に、白子も入れてみました。
味噌汁に溶け出したのですが、これが良い感じで濃厚。
コイコクに似た味わいになりました。
これは、いけるかもしれません。

今回は、カマと、アラカブ、白子に熱湯をかけ残ったウロコ等を
綺麗に取り除きます。
その後、パックだしで出汁を取り、すべて投入。
溶け出して、小さくなった白子を見たときは終わったと思いましたが、
偶然に美味しい味噌汁を頂けました。

2020年03月24日:食べ物コメント(0)papas

贅沢

今日は楽しみにしていた、年に一度の贅沢パーティー。
沢山お取り寄せして、美味しく頂きました。

20191231-dsc05637-0720.jpg
先ずは、お酒のご紹介。
毎度お馴染みの、「菊水」の辛口です。

20191231-dsc05683-0720.jpg
安定の「サン・テミリオン」。
個人購入で、美味しいワインになかなか出会えませんが、
こちらは安定して美味しいです。

20191231-dsc05634-0720.jpg
昨年食べてから、お気に入りの「ケガニ」です。
コンパクトに見えますが、体高があるので、身がギッシリ。

20191231-dsc05641-0720.jpg
胴体だけで、こんな感じです。
お味も濃厚で、美味しく頂けます。

20191231-dsc05644-0720.jpg
食べたら甲羅に日本酒を注いで、ミソと一緒に頂きます。
さて、無口になって、足を頂きましょう。

20191231-dsc05668-0720.jpg
こちらは、湯出と・・・

20191231-dsc05630-0720.jpg
お鍋で。
既にお腹一杯。

20191231-dsc05651-0720.jpg

20191231-dsc05652-0720.jpg

20191231-dsc05655-0720.jpg
ウニと、イクラと、メジナの刺身で・・・

20191231-dsc05662-0720.jpg
贅沢に頂きます。

20191231-dsc05673-0720.jpg
そして、とても贅沢な、海鮮丼。
これは、増量間違い無し。

20191231-dsc05681-0720.jpg
シメのデザートも頂いて、今年の太り納めとなりました。

今年一年、ご覧頂きありがとうございました。
皆様にとって、来る 2020年が、良い年でありますように。

2019年12月31日:食べ物コメント(0)papas

魚料理(2)

魚料理の続きです。
漬けの保存限界に近づいて、それでも残ってたら・・

20191114-dsc_1508-0720.jpg
炊き込みご飯「鯛飯」メジナですけどね。
今回は、柚子胡椒で味漬けしたので、サッパリ良い感じです。
これは、これで有りですね。
お茶漬けもお勧めです。

20191114-dsc_1515-0720.jpg
小さめの「メジナ」を三枚下ろしにして、塩水に漬けます。
30分前後漬け込んで、その後干し網に並べ一夜干し。
この季節乾燥して、良いコンディションです。

直火で焼いても良いですが、フライパンで焼き入れしても美味しく頂けます。
保存もソコソコ利きますから小さめの魚は、これが良いですね。

さて、今回も、釣って食べて、生き物を無駄なく美味しく頂きました。
命を頂くので、無駄にできません。

2019年11月14日:食べ物コメント(0)papas

魚料理

今回の釣行で釣った魚は・・・・
種類的には、メジナ「クロ」とイサキ。
イサキは一匹だけだったので、基本メジナ料理となります。

1.煮付け
2.刺身
3.一夜干し
4.漬け
の四種類。

20191113-dsc_1510-0720.jpg
初日は皮を引いてからの刺身でしたが、
二日目は、皮目を炙って、皮ごと頂きました。
皮ぎしの油が美味しいんですよね。

20191113-dsc_1509-0720.jpg
二日目以降は、漬けになります。
ミリン、酒、麺汁、ショウガ、島唐辛子と、柚子胡椒。
適当な割合で混ぜて、そこそこ美味しく頂けます。
今回、柚子胡椒も加えましたが、さっぱり感が出て、良い感じでした。
一夜干しと、煮付けの写真は・・・撮り忘れてましたね。

魚料理の善し悪しは、魚の絞め方が重要ですね。
持ち帰っての味が全然違います。

1.脳に一撃
2.エラを切って血抜き
3.背骨の神経節を破壊して、神経絞め

この作業はお勧めです。
血抜きは、丁寧に行いましょう。

2019年11月13日:食べ物コメント(0)papas

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 25 | 26 | 27 || Next»