«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 22 | 23 | 24 || Next»

ニホンアマガエル

今日は、彼岸の入り。
お墓の掃除と、花芝の入れ替えに行きました。
花も入れ替えたいのですが、まだまだ昼間は暑いですからね。
造花で我慢して頂きましょう。

20200920-dsc06497-0800.jpg
花芝を替えてると、ピョンっと飛び出しました。
アマガエルです。
墓石の日当たりの良い場所に着地したもんだから、アタフタ!
慌てて、日陰に隠れました。

20200920-dsc06498-0800.jpg
花芝の入れ替えが終わると、解るんですね~
ピョンと日陰から飛び出して、みずみずしい花芝の上に。

20200920-dsc06503-0800.jpg
なかなかに、居心地が良さそうです。
来週まで居てくれるでしょうか・・・・

2020年09月19日:動物コメント(0)papas

巣立ったけれど

巣立ちはしましたが、まだまだ親頼み。
お腹すいたな~

20200628-dsc00570-0800.jpg
来た来た~!

20200628-dsc00572-0800.jpg
こっちこっち~!

20200628-dsc00573-0800.jpg
うぉ~~!

20200628-dsc00574-0800.jpg
哀愁の後ろ姿、少し寂しい!

2020年06月28日:動物コメント(0)papas

庭の花

春の花が追加です。

20200227-dsc06143-0800.jpg
キルタンサスです。
細長い筒状でやや湾曲したラッパのような花が、冬の間次々と咲き続けます。
笛吹水仙と言われる事もあるそうです。
次々に咲くので、長い間花を楽しむ事ができます。
増えすぎて困るくらい丈夫です。

20200227-dsc06252-0800.jpg
そして、春の定番、ジンチョウゲです。
香りが強く、秋のキンモクセイに匹敵する位香ります。
いろんな種類があるみたいですが、我が家のは白。

20200227-dsc06273-0800.jpg
そして、最後の一輪となったシャコバサボテンです。
赤から開花して、濃いピンク、薄いピンクと三種類。
本来、温室でもあれば、元気に育つんでしょうけど、
少々葉っぱも痛んでくたびれてきてます。
暖かくなったら、植え替えてあげましょう。

さてさて、ウイルス騒ぎで、巷が賑やかになってしまいました。
早く収束してくれる事を願うばかりです。

2020年02月27日:動物コメント(0)papas

梅にメジロ

アップするのを忘れてました。
今年は梅の花に元気がありません。
枝垂れ梅もパラパラ咲き出して、バラバラに散っていきます。
何時が満開なのやら・・・・

20200220-dsc06166-0800.jpg
梅の花を見上げていると、メジロが飛んできました。
忙しそうに、蜜を吸ってます。
夢中だからか、人慣れしてるのか、かなり近くに寄ってきます。
標準レンズの最大望遠 75mm で撮影できる距離です。

この、人慣れする習性が昔から愛玩用の鳥として飼われやすかったのかもしれません。
今は、野鳥を飼う事は法律で禁止されていて出来なくなりました。

2020年02月12日:動物コメント(0)papas

メジロを釣ってみた。

バイクのメンテナンスも終わって一段落。
良い天気なので、メジロを釣る事にします。

20181224-dsc02343-0800.jpg
釣り針はありません。
ミカンでおびき寄せます。
鳥もち付きの枝でも添えれば、ホントに捕獲出来るんですけどね。
メジロは、飼育しやすい鳥です。
注意(飼育には、許可が必要です)
2012(平成24)年から野鳥の愛玩飼育については原則として禁止されました。

20181224-dsc02356-0800.jpg
しばらくすると、やってきました。
怖い物知らずの1匹。

20181224-dsc02366-0800.jpg
残念ながら、奥のミカンを食べ始めました。
首を伸ばして、大口開けて。
なかなかの食べっぷりです。

20181224-dsc02377-0800.jpg
しかし、警戒は怠りません。
撮影中、目が合ったような気がするのは、気のせいでしょうか。
落葉樹の葉が落ちて、撮影しやすい季節になってきました。

カーテンの陰に隠れての撮影。
被写体を間違えると、間違い無く盗撮ですね。
(^_^;)


2018年12月24日:動物コメント(0)papas

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 22 | 23 | 24 || Next»