«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 25 | 26 | 27 || Next»

稲佐山

久し振りに稲佐山に登ってきました。
登ると言っても、車ですけど・・・・・
でも、ここ重要らしいです、日本三大夜景の選考基準に
公共機関で行ける事が含まれているとか。
稲佐山は、バス→ロープウェイで山頂まで登れます。

20201011-dsc00888-0800.jpg
先ずは、夕焼けからですね。
この時間帯は、夕日の赤と、空の青が同居します。
良い時間帯です。

20201011-dsc00991-0800.jpg
そして、夜景です。
実は、もう少し粘りたかったのですが、真夏の服装で登ってしまい、
寒いこと寒いこと・・・・
山頂をなめてました。
次回は、ウルトラダウンでも持って行く事にしましょう。


2020年10月10日:夜景・星・暗がりコメント(0)papas

月の現像

昨夜は天気も良く、5月の満月「フラワームーン」でした。
久しぶりに、手持ち最大望遠400mmを出して、撮影してみました。
月は明るいので、特殊な装置は何も必要ありません。
望遠レンズと、三脚があれば十分。
カメラの設定は・・・
感度:ISO-100
絞り:F5.6
シャッター速度:1/1000
フォーカスは、マニュアルで微調整します。

20200508-dsc00594-step01.jpg
これは、撮って出し現像。
現像ソフトのデフォルト設定で出力させると、こんな感じです。
満月は、ノッペリして、メリハリがありません。

20200508-dsc00594-step02.jpg
基本的な現像パラメータを入れて、追加調整で「超硬調」に設定して明暗をハッキリさせます。

20200508-dsc00594-step03.jpg
一般的な写真では使わない、トーンカーブをイジって明暗部を更に強調をすると、クレータがハッキリしてきます。

20200508-dsc00594-step04.jpg
今回は、フラワームーンなので、少し暖色よりに色温度を調整。

20200508-dsc00594-step05.jpg
シャープネスを強くかけて、輪郭を強調します。
現像ソフトでは、これが最終出力、あとは、レタッチの世界です。

20200508-dsc00594-step06.jpg
今回は、もう少し強めに輪郭を強調して、クレータを引き立たせます。
これが正解と言うわけでは無く、個人的にはこんな感じが好きかなって・・・・
ノリですね。
写真ってそんなもんです。

スマホで撮影すると、やたらとケバい写真が撮れるでしょう。
結局現像結果については、個人の感覚で、スマホの場合、撮って出しの見栄えが一番、スマホメーカーは、一般受けする現像パラメータを探し続けている訳です。
スマホ使いの人が、フルサイズ一眼とかかって撮影しても、なんか物足りない・・・ピント来ないのは、色乗りがナチュアルなので、インパクトが少ないんですね。
ケバいのに慣れすぎると、感動が薄れますよ。

しかし、月って不思議ですね。
いつも同じ面が見えてます。
月も自転しているはずなのに、地球と同期を取って回ってる感じ。
月の裏側には何があるんでしょうね。

木星のガリレオ衛星(イオ、エウロパ、カリスト、ガニメデ)も同じです。

潮汐力の関係で、お互いに影響し合って同期するらしいのですが、この影響で、地球の回転にブレーキがかかり、遅くなっているそうです。

2020年05月08日:夜景・星・暗がりコメント(0)papas

クリスマスツリー

最近駅前を通らなくなったので、全然気付きませんでしたが・・・
今年も、クリスマスイルミネーションで飾られてます。

20191121-dsc01860-0720.jpg
早いものですね、11月からクリスマス商戦です。

20191121-dsc05460-0720.jpg
昨年は、歩道回りのイルミネーションが寂しかったのですが、
今年は復活してますね。

20191121-dsc05478-0720.jpg
期間は例年年明けまで、正月すぎれば、撤去されるみたいです。
最近余裕が無いのか、意味も無く町をウロつく事がなくなりました。
写真撮影にも、心のゆとりと、やる気が必要みたいです。

2019年11月21日:夜景・星・暗がりコメント(0)papas

2019長崎港祭り

今年も長崎港祭りが開催されました。
撮影は、 二日目で場所は、長崎の夜景スポット「鍋冠山」です。

20190730-dsc08632-0720.jpg
日没前に到着したのですが、この時点で駐車場は満車。
バイクで登って良かった。
展望台に上ると、撮影用の三脚が乱立。
何とか隙間に入り込みましたが、いろんな人がいますね。
三脚を手すりに結びつけたまま、誰もいない。
これって、花見でブルーシートを敷きっぱなしで場所取りがいないのと同じ。
どうなんでしょうね。
先ずは、夕焼け撮影からですね。

20190730-dsc08718-0720.jpg
20時過ぎて、夜景モードになりました。
なかなか綺麗です。

20190730-dsc08723-0720.jpg
そして花火、良い感じで上がりました。
3000発と言う事で期待して無かったのですが、まずまずでした。
最後に大きな花火が上がったのですが、フレームアウトしてしまったので、撮影を断念。
混み合う前にサッサと撤収。
これはこれで、正解でした。
あっと言う間に自宅到着。
ノンビリ、ビールでも飲んでユックリ現像作業。
早めに切り上げても200枚程撮影。
現像時間もバカになりません。

何となく、満足してしまいました。
今年の花火撮影は、これで良いかな。

そうそう、気になる事が一つ。
花火撮影は良いのですが、三脚をズラーーと並べると、子供が見物出来ないんですよね。
展望台の柵は高いので子供は、柵の間から観る事になるのですが、そこを三脚でブロックしてしまいます。
大人は、柵の上から見えるので良いのですが、小学生は大変。
私の後でも見難そうにしてる小学生が・・・
三脚の間に入って観賞してもらいました。
小さい子への配慮は必要ですね。

2019年07月30日:夜景・星・暗がりコメント(0)papas

出島表門橋と満月

還暦祝いのその後で、ブラブラ歩いて帰ってると、夜景に最適なお時間。
少し空の青が残る時間でした。
日が長くなりましたね。

20190522-dsc03885-0720-up.jpg
鉄橋から、稲佐山方向です。

20190522-dsc03897-0720-up.jpg
国道側から撮影してみました。
丁度、満月が昇り、雲が薄らと見える良さげな感じです。

実は撮影した事を良く覚えて無いんですよね。
現像しようと、データを見て気付きました。
それ程酔ってた気はしないのですが、記憶は何処かえ飛んでいきました。

2019年05月22日:夜景・星・暗がりコメント(0)papas

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 25 | 26 | 27 || Next»