«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 90 | 91 | 92 || Next»

唐比蓮園再び

またまた、唐比蓮園です。
先日からの雨で、かなり増水中。
入り口付近は、閉鎖されて、奥の駐車場から入る事になりました。

20180702-dsc03967-0800.jpg
先日は雨風が強く、風で傷んでるかと思いましたが、さすがに早朝、開花直後の花は綺麗です。

20180702-dsc03986-0800.jpg
蕾みも沢山残ってます。
もうしばらく楽しめそうですね。

20180702-dsc04017-0800.jpg
当然水性動物も元気です。

20180702-dsc04001-0800.jpg
そして、今回は珍しい個体に出会いました。
多分シマヘビの黒化個体です。
黒化した色彩変異個体なので、非常に珍しいらしいのですが、最初は種類が解りませんでした。

20170709-dsc03208-0800.jpg
去年撮影した個体はこんな感じなので、顔は似てますよね。

ヘビを見て徳とは言えないかもしれませんが、珍しい生き物を見る事ができました。
さて、久し振りの台風が接近してます。
被害が無い事を願うばかりです。

2018年07月02日:植物コメント(0)papas

唐比蓮園

帰省途中に唐比蓮園に立ち寄りました。
国道沿いにある蓮園を上から見下ろしてみると・・・
あれ、花が咲いてるみたい。

20180625-dsc03805-0800.jpg
今年は、花が早いですからね、既に見頃になってました。

20180625-dsc03818-0800.jpg
やっぱり、蓮や睡蓮は、早朝ですね。
お昼前には着いたのですが、天候に恵まれすぎて少し元気がありません。
この手の植物は、雨の中が似合いますね。

20180625-dsc03858-0800.jpg
先日のレンズも使ってみましたが、こういった撮影は、望遠が良いですね。
持ってきた、70-300mmに付け替えて撮影続行。

20180625-dsc03822-0800.jpg
お昼過ぎには、閉じてしまう、睡蓮の仲間です。

20180625-dsc03870-0800.jpg
透明な、紋が特徴の「アオスジアゲハ」

20180628-dsc03870-0800-02.jpg
奥の羽がが透き通って見えてるのが解ると思います。

20180625-dsc03872-0800.jpg
そして、お馴染み「シオカラトンボ」の雄。
雌は模様が全く違うんですよ。

20180628-dsc03829-0800.jpg
多分「ショウジョウトンボ」の雄だと思います。
赤トンボより、更に赤く、尾っぽが平べったいのが特徴。
前から撮ろうと回り込んだのですが、何かしら察知して、必ず後ろを向きます。

20180625-dsc03890-0800.jpg
こちらは、尾っぽに特徴が有る「ウチワヤンマ」です。
尾っぽの広がりが大きいので「ウチワヤンマ」かな?

望遠だと、水辺に集まる昆虫達も撮影できます。

来週も通るので、少し早い時間に出て朝一番を撮影して見る事にします。

2018年06月25日:植物コメント(0)papas

アジサイ

庭のアジサイも、そろそろ終盤です。
色が薄くなったり、花が傷んだり、ここのところの雨で下を向き始めました。

20180620-dsc03541-0800.jpg
この花は、大きなアジサイに隠れるように咲いていました。
つい最近発見、チョット得した気分です。

20180620-dsc03552-0800.jpg
息子が記念に送ってくれたアジサイも元気がありません。
花も痛み出してますね。

キリの良いところで、剪定して来年に備える事にしましょう。
コレからしばらく、花の少ない時期に入ってきます。

2018年06月20日:植物コメント(0)papas

アジサイが次々開花

アジサイが次々開花してます。
アジサイと言えば、梅雨。
アジサイを見てると、梅雨の鬱陶しさを少し思い出して、微妙な気持ちになります。


最初に開花し始めたアジサイです。

20180520-dsc00202-0800.jpg
こんなに色付きました。

20180520-dsc00227-0800.jpg

20180520-dsc00231-0800.jpg
こんな、花も咲き始めました。

あと何種類か開花を待ってます。
開花は嬉しいのですが、鬱陶しい梅雨をお迎えしているような微妙な気分。
季節感は有りますけどね。

2018年05月20日:植物コメント(0)papas

葵の嫁入り

昨年の春、葵プロジェクトに参加しました。

葵プロジェクトとは・・・・
京都三大祭の「葵祭」で使用されるフタバアオイが激減していて
葵プロジェクトはその葵の保護・育成を行い、上賀茂神社に
「葵の森」を再生するための取り組みです。

20180516-dsc06372-0800.jpg
昨年6月に我が家に来た苗木を鉢に移植しました。

20180516-dsc00134-0800.jpg
秋になると、葉が枯れて、地下茎だけになります。
ここで諦めると大変、肌寒くなってきたら、日向に出して十分光を当てます。
水やりは、表面が乾いたらタップリと・・・・

20180516-dsc01589-0800.jpg
そして、春先。
新芽が顔を出しました。

20180516-dsc03002-0800.jpg
葉が枯れてからの地下茎の伸びがハッキリするのがやっとこの時期。
何とか、元気に伸びていてくれたようです。

20180516-dsc03196-0800.jpg
結局、3株に分けて、二株をお返しする事にしました。

20180516-dsc03176-0800.jpg
残りの一株は、こちら。
さて、また一年の始まりです。
株分けの時に、土も作り替えました。
水やりのタイミングと、生育場所には気を遣います。
来年も、お返し出来ると良いのですが。

2018年05月16日:植物コメント(2)papas

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 90 | 91 | 92 || Next»