«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 13 | 14 | 15 || Next»

メンテナンス

前回はいつだったかな・・・
積雪のおかげで、身動きが取れないので、二日間家にこもってます。
暇なので、久しぶりのサーバ・メンテナンスを行う事にしました。

20210113-dsc_2260-0800.jpg
吸気ファンのゴミ取りフィルタを掃除して・・・

20210113-dsc_2261-0800.jpg
側面と、背面のハードディスクベイを開放。

20210113-dsc_2265-0800.jpg
ハードディスクを「これ・どうだい」に接続してコピー開始。

20210113-dsc_2268-0800.jpg
ほったらかしてたら、忘れた頃に終わってました。
コレで、バックアップ終了。

さて、次のメンテナンスは・・・忘れた頃に始めましょう。
おっと!よくよく考えると、このサーバが動き出して五年目になります。
確か、2016年の春に稼働開始。
いかん、そろそろリニューアル計画を立てないと・・・・

2021年01月10日:PCとネットコメント(0)papas

サーバメンテナンス

久し振りに、サーバのメンテナンスです。
さて、前回は何時だったかな~と、ブログを見ると、
2019年7月22日でした。
何と、1年以上放置。
文句も言わずに、良く動いてくれるものです。

20200926-dsc_2049-0800.jpg
何時ものように、ハードディスクを外して、コピー開始。
時間はかかりますが、確実に元に戻ります。
ただし、今回故障してたら、1年前の状態にしか戻らなかったんですね。
ズボラもいい加減にしないとね。
次回作る時は、RAID構成を検討します。

20200926-dsc_2052-0800.jpg
今回は、久し振りなので、ケースの左右と上面のパネルも外してお掃除お掃除!
お!思ったより汚れてませんね。

20200926-dsc_2053-0800.jpg
もともとCPUもファンレス設計なので、ゴミの溜まりは少ないんですね。
吸気中心のエアー取り込みで、CPUのフィンに取り込んだ風が当たるように配置してます。
排気ファンは電源ファンのみ、ほぼ自然排気です。
これなら、吸気の時にフィルターでゴミを取っておけば、
ケースのスリットや隙間から勝手に出て行くので、隙間にもゴミが入りません。
本来は、自然吸気、強制排気の方が効率は良いんですよ。

20200926-dsc_2055-0800.jpg
掃除終了。
上面パネルを付けて・・・・

20200926-dsc_2056-0800.jpg
何時ものように、物置に早変わり。
せっかくのシースルー上面パネルが何の役にもたってません。
後は、ハードディスクのクローンが完成するのを待つだけです。

さて、ソロソロ次期サーバの計画をスタートする時期になってきました。
ボチボチ準備して行く事にしましょう。

2020年09月26日:PCとネットコメント(0)papas

サーバのチューニング

とある企業に納品した Proxyサーバのチューニングを行いました。
OSは、「CentOS8」昨年リリースされて、安定期に入ったという事で
最新版を選択しましたが・・・・
他のツール群が付いてきてないですね。
新しいモジュールに対応するツールが出そろってませんでした。

# free
total used free shared buff/cache available
Mem: 16099976 2663832 166576 38188 13269568 13056200
Swap: 16777212 6144 16771068

メモリーを16G搭載したサーバなのに、何と、フリーが、166,576KByte
166MByetの空きしかありません。
ほとんど、Buff/Cacheで消費されてます。
ディスク I/O より高速なメモリーを積極的に使うので、この部分は、
フリーエリアとも考えられるのですが、それにしても少なすぎ・・・
メモリー管理をチューニングして見る事にしました。

vm.dirty_background_ratio=10
vm.dirty_ratio=40

現在でも10%なのに、1%程度しか残ってないという事は・・・・
キャッシュアウトに若干のタイムラグがあるみたいです。
Proxyサーバですので、コンテンツをため込むのがお仕事、しかたありませんね。
/etc/sysctl.conf に以下の行を追加

vm.dirty_background_ratio=20
vm.dirty_ratio=50

# sysctl -p
これで、設定内容をシステムに反映させます。

バックグラウンドでのキャッシュアウト開始を20%に設定、
これで、もう少しは余裕が出るでしょう。
せめて10%残しくらいで推移してくれると嬉しいのですが・・・・
来週の運用状態を監視して見る事にしましょう。

2020年08月14日:PCとネットコメント(2)papas

扇風機の効果

タイマーをリニューアルしましたが、動かしてるのが扇風機ですからね。
実際扇風機を動かすだけで、効果があるのか・・・・
これがあるんですね。

20200718-daily_graph.jpg
このグラフは、通信機器(ルータ)の筐体内の温度変化です。
10時からタイマーで扇風機が動き出した直後から温度が下がり始め
5~6℃は低く抑えられてます。
扇風機が止まる30分後から次に動き出すまで徐々に上昇、
13時からの連続運転に入りますが、この頃から西日の影響を
受けて、室温が上昇、それでも急激な上昇は抑えられてます。
18時過ぎに、日没すると、温度が若干低下。
そして、22時、扇風機が止まると、50℃近くまで上昇。
その後室温低下に伴って、ゆっくり低下します。

20200718-yearly_graph.jpg
さて、この統計、年間を通して行うと、上のグラフのようになります。
今年は、昨年の記録を更新するのでしょうか。
去年は、8月に入って上昇しましたが、お盆過ぎから涼しくなり、
9月に入って再度残暑・・・

去年9月の暑さが、思い起こされます。

2020年07月18日:PCとネットコメント(0)papas

タイマー交換

長年使ってきた「24時間タイマー」を交換しました。
導入したのは、いつ頃でしょうね・・・
このブログを始めた頃でしょうか。

20200718-dsc00698-0800.jpg
西向きの部屋に通信機器が置いてあるので、夏場に大活躍です。
クーラーを一日中動かすなんて事は経済的にできませんから、
夏場は、10:00~13:00までは、30分おきに、扇風機を動かしてます。
13:00~22:00までは、連続運転です。
さすがに、10年は使いすぎかと思い、リニューアルを計画してみると、
15分単位で設定できる製品は、これしか見つかりませんでした。

20200718-dsc00706-0800.jpg
ピンを倒すと、その時間ON(15分単位)になります。
前に使っていたタイマーには、コンセントが付いてましたが、
今回の製品は、配線の必要がありました。

20200718-dsc00704-0800.jpg
部屋の電源は、3系統。
タイマーの上のタップは、UPS(無停電電源)からの電力供給。
タイマーの下が今回増設した、タップです。
そして、その左横が、普通にAC電源。

長年動いてくれた(夏場だけですけどね)タイマーは、
耐用年数が過ぎている事ですし、破棄する事にします。

次は、扇風機も替えないとね。


2020年07月18日:PCとネットコメント(0)papas

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 13 | 14 | 15 || Next»