柚子胡椒

島唐辛子が色付いたので、柚子胡椒を作ってみました。
島唐辛子の一軍、二軍、三軍、四軍と順調に結実してますが、
なかなか色付きませんでした。

20170924-dsc04348-0800.jpg
緑だった実が、黄色から橙へ。
最初に結実した実です。
なかなか綺麗な色です。
色々ネットで調べると、緑→黄→橙→赤に変化するそうな。

20170924-dsc04353-0800.jpg
実家から柚を数個収穫してきた関係で、色付くまで待つことができません。
柚子胡椒を作るのは初めてなので、取り敢えず今回は、唐辛子の辛さと、その他の分量を確認するために作ってみました。

1.柚子(8個)
2.島唐辛子(黄色×3個)+(緑×12個)
3.モンゴル岩塩(適量)

材料はこれだけ。

1.水洗いして水気を拭き取って柚子の皮を下ろし金ですり下ろす。
2.すり下ろした柚子の実を、3個分絞る。
3.収穫した島唐辛子のヘタを取り、短時間熱湯に潜らせる。
(この作業は、すべきかどうか悩みました)今回試し。
(今回、種ごと使いました)
4.最初に島唐辛子を、すり鉢に入れて、細かくすりつぶします。
(この時、クシャミが出るくらいの、刺激があるので注意)
5.下ろし金で下ろした柚子を、すり潰した「島唐辛子」に混ぜます。
6.良くすり潰しながら、柚子の果汁を適量混ぜ、更にすり潰し。
7.味を見ながら塩を加えていきます。
(今回、島唐辛子を15本にして正解、これ以上入れると、辛くて味見出来ません)
8.小瓶に取り分けて冷蔵庫で保管、1週間程熟成させます。
9.冷蔵では、長期保存できないので、冷凍して保存します。

だいたいコツが掴めました。
この唐辛子、ピリピリ感は、ハバネロに似てます。
緑の状態で、かなりの刺激でした。

次回は、島唐辛子が赤くなって量産する予定です。

2017年09月25日:食べ物コメント(0)papas

電気ウキ

久し振りに、「電気ウキ」のヘッド(発光部)だけ購入しました。
規格、大きさが変わらないのは嬉しいですね。

20170924-dsc04337-0800.jpg
お!この電池はまだ使えるぞ、とチェックして、
同じ電池を、今日買ったウキヘッドに入れてみると・・・

20170924-dsc04336-0800.jpg
おお!明るい。
カメラのセッティングは全く同じにしてるので、明るさの違いが良く分かります。
15年の月日は、LED素子の効率化と光量アップが実現されてました。

なかなか壊れないんですよね。
今回のヘッドも大事に使いたいと思います。
もう一本買っとこうかな?

2017年09月24日:動物コメント(0)papas

ウキの修理

昔々作った、ウキの修理をする事にしました。
気に入って使う道具ほど、早く傷みます。
そして、ウキの場合は、無くす事も有ります。
糸が切れて、流れて行くウキを見送る事の辛い事、これがお気に入り、更には自作ウキだった場合はさらに辛くなります。

20170923-dsc04308-0800.jpg
2001年に作成して、傷だらけになった愛用のウキです。

20170923-dsc04310-0800.jpg
こちらは、2002年バージョン。
自作すると、市販のウキを買わなくなります。
もう何年も購入していません。

20170923-59-0800.jpg
因みに、こんなウキも作ってます。

20170923-dsc04299-0800.jpg
コーティング剤、「エポロA液」です。

20170923-dsc04302-0800.jpg
そして、こちらが「エポロB液」。
3対1の割合で混合すると硬化する、エポキシ系の塗料です。
さて、ここで問題です。
この塗料、2002年バージョンのウキを作成した時に購入したのですが、チャンとコーティング材として、機能するのでしょうか?
15年前の、コーティング材です、硬化してくれるかな?

20170923-dsc04305-0800.jpg
こちらは、「エポロ薄め液」です。
臭いは、もろにシンナーですね。

先ずは少し薄めに作って、ウキのヒビに浸透させます。
徐々に乾いた来たところで、濃いめに重ね塗り。
実際には、4回~5回程、塗り重ねるのですが、今回は補修メインですから、1回塗りです。

20170923-dsc04317-0800.jpg
空きの焼酎パックに穴を開けて、乾燥状態。
なかなか綺麗になりました。
エポキシ系塗料の硬化も始まってます。
明日には、実用強度に達すると思います。

さて、修理完了、次のフィールドで使ってみる事にします。

2017年09月23日:釣りコメント(0)papas

一夜干し

初めての、一夜干し作りにチャレンジ。
単なる一夜干しですからね、チャレンジと言う程の事もないのですが、
取り敢えず始めて作ります。

取り敢えず、干し網も購入しました。
M,L,LLとサイズもいろいろ、取り敢えずLで・・・

20170920-dsc_0214-0800.jpg
こちらが、アジの一夜干し。

20170920-dsc_0211-0800.jpg
こちらが、サバの一夜干し。
現時点では、サバの方が肉厚です。

それでは、手順をご紹介。
1.釣る。
2.釣ったら即、殺しを入れて、血抜きをします。
 (これで、出来上がりの味が大きく違ってきます)
3.開く。
 (頭が不要な場合は、今回みたいに「チョン」と切り落とし)
4.流水で3秒洗う。(臭みが抑えられます)
5.フキンやキッチンペーパーで、水分を拭き取ります。
6.お好みに合わせて、塩水を作ります。(10%~20%)
 (今回は、10%、水1Lに塩を100g)
7.塩水に 1時間程、漬け込みます。
8.ここで一っ風呂浴びてサッパリ。
 (夜釣りは、後処理が大変なのでありました。)
9.漬け込んでおいた、アジ、サバを上げて、余分な水分をキッチンペーパーで拭き取ります。
10.余分な水分を拭き取った開きを、更にキッチンペーパーに包んで、1時間程冷蔵庫へ。
 (この作業をしないと、干してるときに水分が出て、干し網が臭くなります。
11.皮の方を下にして、干し網へ並べます。
12.乾燥した冬場なら、そのまま日陰干し。
 (夏から秋口なら、軒先に干して、扇風機で風を当てます。)
13.風通しが悪いと、風が当たらない所から、腐敗が始まります。
 (風通しは大切です。)

一晩干したら、食べる分を冷蔵庫へ、保存分を冷凍しておけば、
10日くらいは美味しく頂けると思います。

焼くときに、肉側にミリンを塗って、ミリン漬け風に焼き上げても美味しいかもです。
手間はかかりますが、美味しく頂けますし、保存も利くのでお勧めです。

20170920-dsc_0209-0800.jpg
勿論、生のアジは、漬け丼、刺身も美味しいですよ。
お茶漬けにしても良いですね。

2017年09月20日:食べ物コメント(0)papas

島唐辛子

職場の先輩から分けて頂いた、島唐辛子が巨大化しました。

20170716-dsc03398-0800.jpg
発芽してしばらくは、こんなに可愛かったのに。
今では・・・・

20170915-dsc_0208-0800.jpg
こんなに大きくなりました。

20170915-dsc_0201-0800.jpg
そして、こちらが一軍。
更に大きく、実も付き始めてます。

20170915-dsc_0203-0800.jpg
まだ緑色ですが、自家製の「コーレーグース」作りができそうです。

20170915-dsc_0205-0800.jpg
二軍も順調にそだち、こんな感じ。

20170915-dsc_0206-0800.jpg
三軍も順調ですが、先日の強風で倒れてしまいました。
育ちすぎると、いろんな問題がでてきます。
島唐辛子は、根が浅く、簡単に倒れてしまいます。

夏場は、根が浅いくせに、水揚げが多いので、朝夕の散水が必要になってしまいます。
理想は、地植えなんでしょうね。
可愛がりすぎて、大きくしてしまいました。

さて、週末の台風が心配です。
風に弱いですからね、室内に入れるにしても、大きくなり過ぎて、
三軍まで救済出来るかどうか・・・
ま!何とかなるでしょう。

2017年09月15日:植物コメント(0)papas

記念旅行(二日目)

今日は、平戸島巡ります。
と言っても、帰りの時間も気になります。

20170911-dsc04271-0800.jpg
初めて訪れました。
平戸城です。
うーーん、このお城は、近くで見るより、
平戸大橋付近から、見るのがお勧めです。
回りの城郭を含めて非常に綺麗に見えます。

そして、写真撮り忘れました。
川内峠を通って、紐差教会に向かいます

20170911-dsc04275-0800.jpg
立派ですね。
教会の中も、入り口から見る事ができますが、
中は、撮影禁止です。
周辺も綺麗に整備されて、綺麗な教会でした。

20170911-dsc04288-0800.jpg
さて、お昼近く。
途中気になった、「千里ヶ浜海水浴場」近くの、
「シービューランチ」に立ち寄って・・・・
ヤッパリ最後は、平戸牛でしょう。
120グラムですが、十分なボリュームでした。

一泊二日の旅行でしたが、なかなか楽しめました。
ホテルの割引券ももらったので、また来たいと思います。


2017年09月09日:旅行コメント(0)papas

記念旅行

今年も記念旅行の日がやってきました。
今年は、近場で「平戸、生月」です。
前に仕事で行った同僚から、3000円の割引券を頂いていたので、
こちらを活用することにしました。

20170911-dsc04191-0800.jpg
初日は、生月島を巡る事にしました。
仕事では時々来ますが、観光では始めてかも・・・
「黒瀬の辻殉教地(ガスパル様)」に行ってみました。
生月島、信仰の原点とも言える場所です。

20170911-dsc04197-0800.jpg
次に少し戻って、「山田教会」です。
禁教令が解かれて、隠れキリシタンが大手を振ってカトリック信徒を名乗れるようになった、初めての地区に建てられた教会だそうです。
さて、先を急ぎましょう。

20170911-dsc04206-0800.jpg
生月島の最北端にある、「大バエ灯台」です。
灯台に昇ってみて分かったのですが、この灯台、クルクル回る訳ではありません。
松浦方向を照らす固定灯台みたいです。

20170911-dsc04201-0800.jpg
良さそうな釣り場が沢山。
西側には、人影がありませんでしたが・・・

20170911-dsc04205-0800.jpg
東側には、人影がチラホラ。
良い流れも出来ています。
釣れそうな予感。
次は、竿を持参で訪れるしかありませんね。

20170911-dsc04214-0800.jpg
さて、帰り道にチョット一休み。
「塩俵の断崖」です。
なかなか、面白い多角形の柱状の石が綺麗に並んでます。
面白いですね。

20170911-dsc04210-0800.jpg
ここでは、移動販売の「ジェラート」を頂きました。
天気も良いし、ノンビリ出来ます。
良い時間になりました。
ホテルに向かうことにしましょう。

20170911-dsc04222-0800.jpg
ホテルに着いて、目に留まったのがこちら。
伊勢エビのUFOキャッチャーが・・・
私には、才能がありませんでした。
(^_^;)

20170911-dsc04233-0800.jpg

20170911-dsc04241-0800.jpg
ホテルの窓から、夕焼けを見る事ができました。
サンセットロードからも良い夕日が見えるんですが、
ホテルでノンビリしたいですからね、せっかくの温泉です。
ユックリ入る事にしましょう。

20170911-dsc04256-0800.jpg
今日最後は、平戸大橋の夜景です。
明日は平戸島内を回って早めに帰宅することにします。


2017年09月08日:旅行コメント(0)papas